ちがうこれはドーナツだ

芸能ニュース。海外ニュース。気になる話。動画。

スポンサードリンク
 

調布墜落事件、管理会社の経営状態が明らかに

f:id:knight-hawk:20150730012146j:plain

東京都調布市の住宅街に小型プロペラ機が墜落し8人が死傷した事故をめぐり、事故機を所有、管理していた会社の不透明な経営実態が明らかになってきた。

 

機体を所有するのは、不動産関連会社「ベル・ハンド・クラブ」(東京都福生市)。
民間調査機関などによるとバブルの最盛期には数億円規模の年商を誇ったが、業績は次第に悪化し、2009年に東京地裁で民事再生計画が許可された。

 

ベル社の経営状態を知る関係者は、「数年前には、格納庫の地代を滞納したり、燃料代金の未払いもあったようだ。エアロ社の前社長時代は整備もしっかりやっていたが、前社長が約5年前に亡くなると、資金難もあり、整備がずさんになった。とくに事故機は、仲間内では『絶対に乗ってはいけない機体』といわれていた」と話す。

 

source

調布墜落機 仲間内では「乗ってはいけない機体」として認識 - ライブドアニュース

広告を非表示にする