ちがうこれはドーナツだ

芸能ニュース。海外ニュース。気になる話。動画。

スポンサードリンク
 

「最低3年節」は誰が言い始めた?

f:id:knight-hawk:20150825103425j:plain

いちど就職してしまったら、職歴をつけるためには辛くても3年間は我慢すべき――。新卒入社した社会人の間で、こんな言葉がささやかれている。

 

しかし悪質なブラック企業に入って無理をして、心身を壊してしまったら元も子もない。

 

「最低3年説」には、人気ブログ「脱社畜ブログ」の日野瑛太郎氏も過去エントリーで、疑問を呈している。日野氏によると「とにかく3年間、目の前の仕事を一生懸命やっていれば、どんな仕事でも必ず得るものがある」の「どんな仕事でも」は嘘で、得るものがない仕事もあるという。

 

仕事の流れを理解するためには最低1年は仕事を続けた方が良いとのことだが、それでも「1年」だ。3年続けなくても就職先は見つけることができる。

 

source

「3年耐えろ」はブラック企業経営者の言い分 ネットの大勢は「さっさと辞めた方がいい」

広告を非表示にする