ちがうこれはドーナツだ

芸能ニュース。海外ニュース。気になる話。動画。

スポンサードリンク
 

高部あいの所属事務所の悪習

10月27日付東京スポーツの報道によって、女優の高部あいがコカインを所持していたとして麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたことが発覚した。

 

彼女が出演した日本テレビ系連続ドラマのDVD発売の中止や、現在放送中のテレビ朝日系出演ドラマ『サムライせんせい』の撮り直し、単発ドラマの再編集など、テレビ各局は大きな損害を受けている。

 

高部が所属していたオスカープロモーションは業界でも屈指の大手芸能事務所であり、米倉涼子や上戸彩、武井咲、剛力彩芽など多数の人気女優を抱えている。それゆえ、業界やマスコミの関係者に与えたインパクトも大きかった。オスカー元社員は語る。

 

「オスカーはもともとモデル事務所であり、ドラマや映画の仕事は、ギャラが高額なCMや広告の仕事を獲るための材料としか考えていません。それゆえ、米倉涼子や上戸彩クラスになっても、主演ドラマの撮影の合間でさえも企業イベントの仕事を挟むというハードスケジュールを課してしまうのです。他の事務所ではあまり考えられません。タレントの精神状態をよく保つことや役づくりに集中させるなど、環境を整えてサポートするのが事務所の役目でしょう。オスカーのこうした姿勢には疑問を感じます」

 

source

高部あい逮捕 オスカープロモーションのタレントの扱いに疑問も - ライブドアニュース

 

広告を非表示にする