ちがうこれはドーナツだ

芸能ニュース。海外ニュース。気になる話。動画。

スポンサードリンク
 

切られた弁護士の不倫事情が明らかに 生殖機能については完全に失われた

弁護士の男性(42)の局部を切断したなどとして、傷害などの罪に問われた元プロボクサーで元慶応大法科大学院生、小番一騎(こつがい・いっき)被告(25)の26日の第2回公判が行われた。

 

 

小番被告の犯行を立証するためとはいえ、検察が社会的地位も家庭もある男性の「不適切な交際」を表沙汰にした意図はどこにあるのか。

 

 元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏は、「検察の狙いは『事件は被告人の逆恨みに過ぎなかった』ことを立証する点にある。弁護側は『被告人が被害者から妻が性交を無理強いされていると思った』ことを強く主張していくはずだ。不倫の事実を伏せれば、被害者男性に不利な印象が流布され(男性の)今後の人生に悪影響を及ぼすと判断して、あえてプライバシーを詳細に明らかにしたと思われる」と指摘した。
 
男性弁護士は現在、小便器での排尿が困難で生殖機能は完全に失われたとされる。

 

source

局部切断された被害者弁護士のいま「生殖機能は完全に失われた」 - ライブドアニュース

 

広告を非表示にする