ちがうこれはドーナツだ

芸能ニュース。海外ニュース。気になる話。動画。

スポンサードリンク
 

TV出演本数3位にハライチ澤部がランクイン、意外なその理由は?

15日、「2015タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)が発表された。昨年、初のトップとなった「TOKIO」国分太一(41)が2連覇で653本に出演。「バナナマン」設楽統(42)も前回に続いて2位(556本)。それぞれ朝の帯番組と多くのレギュラー番組を持つとあって納得の結果だが、3位に入ったのは帯番組を持っていないにもかかわらず、458本に出演した「ハライチ」澤部佑(29)。

 

 

11年から4年間トップ3をキープしてきた有吉弘行(41=今回は6位に後退)を抜いて昨年の圏外から一気に3位に食い込んだ。

 

「彼の立場はツッコミですが、毒気のないツッコミで返すのに加え、一度自分でボケてから返す、もしくはイジられてツッコむというスタンス。こういうマイルドなツッコミはなにかと世知辛い今の世の中にはちょうどいいのかもしれません。決して主役タイプではないですが、程良いさじ加減が調整できる器用さがあるゆえに使い勝手がいいので、2番手には最適。若手芸人にしては珍しくガツガツしていないのも重宝される理由のひとつ。ガツガツしすぎないのは、結婚相手が社長令嬢(大手クリーニングチェーン「白洋舎」)という事情もあると思います。キャラに生活感が出ず、余裕があるので、さりげなく振る舞える。これからも主役を支えるスーパーサブとして仕事は増えていくでしょう」(芸能リポーター川内天子氏)

 

source

TV出演本数“有吉超え”の年間3位 ハライチ澤部なぜ人気? - エキサイトニュース

 

広告を非表示にする